まくらの硬さと柔らかさの合わせ方

素材が重要

まくらの柔らかさと硬さを決めるのは中の素材によって決まります。素材の特徴で説明したように素材には硬いものと柔らかいものがあります。一般的に使われる硬い素材と柔らかい素材を分類すると以下のようになります。

  • 硬い素材 ⇒ パイプ・ビーズ・コルマ・そばがら・ひのき
  • 柔らかい素材 ⇒ ポリエステル・羽根・低反発ウレタン・高反発ラテックス

高反発ラテックスについては弾力性はありますが、素材自体は強く握ると小さくなる程度の柔らかさを持っています。なので柔らかい素材に分類しています。硬いスポンジを想像するとイメージしやすいです。

男性は硬めを好み女性は柔らかめを好む傾向があります。

いま使っているまくらの硬さが合わないなら簡易的に調節する方法があります。

まくらを柔らかくする方法

基本的に硬いまくらはパイプやソバガラなどの細かい素材を詰め込んだものです。パンパンに入っている場合は素材の量を減らすことで柔らかさを得られます。中の素材をさらに減らして変わりにタオルを詰めると、タオルの弾力でクッション性が増します。

低反発ウレタンは温度に影響が出やすい素材なので、寒いときは硬くなり、暖かいときには柔らかくなる特性を持っています。ウレタンなのに硬いと思う場合は部屋の温度が下がっていると考えられます。部屋の温度を上げれば柔らかくなりますよ。と言ってもまくらの柔らかさのために温度調節をするのは現実的ではありませんよね・・・。

まくらを硬くする方法

まくらにタオルを巻くと若干ですが硬くなります。タオルが分厚いと素材の特性や効果が薄くなってしまうので、なるべく薄い生地のタオルを使いましょう。

強く巻けばその分だけ硬さも増しますが、やりすぎるとやはり素材のメリットが失われます。


PAGE TOP